千葉県千葉市で開業するLMC社会保険労務士事務所

LMC社会保険労務士事務所へのお問い合わせは043-307-5967まで。043-307-5967

受付:9:00~18:00(土・日・祝日を除く)

ホーム >>  教えて!益永先生 ~専門業務型裁量労働制の勤務時間の拘束について~

教えて!益永先生 ~専門業務型裁量労働制の勤務時間の拘束について~

山田人事部長
山田人事部長

我々の税理士事務所では「専門業務型裁量労働制」を採用しているのですが、実態としては10:00までに出社してもらい、18:00までは勤務してもらうルールをつくりたいのですが、これは何か問題がありますか?

結論から申し上げますと、問題があります。

益永先生
益永先生
山田人事部長
山田人事部長

そうなんですか?今までも何と無く暗黙のルールというか、そういった慣習として運用してきました。

そうでしたか。「専門業務型裁量労働制」とは、業務の性質上、その遂行の方法を大幅に労働者の裁量にゆだねる必要があるため、業務の遂行の手段及び時間配分の決定等に関し具体的な指示をすることが困難な業務に認められています。

益永先生
益永先生
山田人事部長
山田人事部長

なるほど。つまり、労働者の裁量にゆだねるということは、何時までに出社して何時までは勤務しなさいなどの拘束をすることはできないと言うことですか。「専門業務型裁量労働制」を採用する際の労使協定で「10時~18時までは事務所で勤務しなければならない」と労使間で定めてもダメですかね?

はい。「専門業務型裁量労働制」を採用する際に労使協定で定めないといけない項目に「対象となる業務遂行の手段や方法、時間配分等に関し労働者に具体的な指示をしないこと」とあるのに、「10時~18時までは事務所で勤務しなければならない」と具体的に定めたら、「どっちだよ」ってなりますよね。

益永先生
益永先生
山田人事部長
山田人事部長

確かにそうですね。あと割増賃金の考え方について教えてもらいたいのですが、「専門業務型裁量労働制」を採用した場合でも深夜や休日労働に対する割増賃金の支払いは必要ですか?

はい。必要となります。また、例えば労使協定で「1日9時間」とした場合なども、法定労働時間の1日8時間を超えた1時間については割増賃金(1.25)の支払いは必要です。週40時間を超えた場合も同じ考え方です。

益永先生
益永先生
山田人事部長
山田人事部長

なるほど。他に注意点などございますか?

はい。労使協定で定めた時間とみなすのは所定労働日の場合ですので、例えば休日出勤をした場合は、実際の時間数で割増賃金を計算する必要がありますのでご注意ください。

益永先生
益永先生
山田人事部長
山田人事部長

わかりました。ありがとうございました。

   

【 専門業務型裁量労働制の勤務時間のポイント 】

■専門業務型裁量労働制とは、その遂行の方法を大幅に労働者の裁量にゆだねる必要がある業務で、遂行の手段及び時間配分の決定等について具体的な指示をすることが困難な業務に採用される

■当制度を採用した場合、会社側から出勤時間・退勤時間を指示することはできない

■1日8時間を超えた分や休日出勤、深夜勤務などの割増賃金は支払いしなければならない

FISCO Financial College
★日本FP協会単位認定 『FISCO Financial College』の通信教育講座はいかが?
株式や、仕組債券などの実践的な知識が身につきます。

実践的な金融・証券の知識を。フィスコの通信教育