千葉県千葉市で開業するLMC社会保険労務士事務所

LMC社会保険労務士事務所へのお問い合わせは043-307-5967まで。043-307-5967

受付:9:00~18:00(土・日・祝日を除く)

ホーム >>  教えて!益永先生 ~iDeCo+(イデコプラス)について~

教えて!益永先生 ~iDeCo+(イデコプラス)について~

山田人事部長
山田人事部長

連日で申し訳ございませんが、先日ご質問させて頂いたiDeCo(イデコ) とは別に、どうやらiDeCo+(イデコプラス)っていうのがあるようなんですが教えて頂けますか?

はい。イデコは、先日ご説明したとおりですが、イデコプラスは、正式名称を「中小事業主掛金納付制度」といって、2018年5月からスタートしました。

益永先生
益永先生
山田人事部長
山田人事部長

両者は何が違うんですか?

はい。イデコは、昨日ご説明したように公的年金にプラスして給付を受けられる私的年金制度(個人型確定拠出年金)のひとつです。加入は任意で、自分で決めた額(掛金)を積み立てて運用し、60歳以降に受け取る年金のことです。
一方のイデコプラスは、イデコの加入者に対して、会社が掛金(中小事業主掛金)を上乗せし、従業員の老後の資産形成を支援する制度です。

益永先生
益永先生
山田人事部長
山田人事部長

なるほど。イデコの加入者に上乗せということは、イデコに未加入の方はどうなるのですか?

はい。対象者は、イデコに加入している従業員のうち、事業主掛金を拠出されることに同意した者とされています。その為、イデコに加入していない従業員には、事業主掛金を拠出することはできません。

益永先生
益永先生
山田人事部長
山田人事部長

イデコ加入者全員に上乗せしなければならないのですか?

いいえ。イデコに加入している者のうち、拠出対象者となる従業員に一定の資格(職種および勤続期間)を定めることは可能です。
なお、イデコに加入したくない従業員に、加入を強制することはできません。

益永先生
益永先生
山田人事部長
山田人事部長

わかりました。掛金に上限とかありますか?

はい。従業員の加入者掛金と事業主掛金を合計して月額5,000円以上23,000円以下(年額276,000円以下)となるように、加入者と事業主がそれぞれ1,000円単位で設定する必要があります。事業主掛金の額は、基本的に、拠出対象者全員が同額となるように設定しますが、一定の資格(職種および勤続期間)ごとに掛金額を変えることは可能です。

益永先生
益永先生
山田人事部長
山田人事部長

イデコプラスの場合、掛金の納付方法はどうなるのですか?

はい。掛金は原則給与天引きで、事業主がまとめて納付します。

益永先生
益永先生
山田人事部長
山田人事部長

どの企業でもイデコプラスを始められるのですか?

いいえ。中小企業限定の制度となっています。
具体的には、原則として企業型確定拠出年金、確定給付企業年金及び厚生年金基金を実施していない事業主であって、従業員数100人以下の事業主となっています。

益永先生
益永先生
山田人事部長
山田人事部長

よくわかりました。従業員の福利厚生として前向きに検討したいと思います。
ありがとうございました。

【参考】iDeCo(イデコ)に関する記事はこちら

   

iDeCo+(イデコプラス) のポイント

■正式名称は「中小事業主掛金納付制度」といい、イデコ加入済の従業員に対して会社側が掛金 (中小事業主掛金) を上乗せして従業員の老後資産形成を支援する制度で、福利厚生の一環として導入されている

■対象企業は、原則として企業型確定拠出年金、確定給付企業年金及び厚生年金基金を実施しておらず、かつ、従業員数100人以下の企業である

■拠出対象者はイデコ加入者の内、同制度適用に同意した従業員となるが、対象となる従業員に一定の資格(職種および勤続期間)を設定することは可能である

■掛金額には制限があり、事業主掛金は対象従業員全員が同額になるよう設定する必要があるが、職種および勤続期間によって掛金を変えることは可能

■掛金の納付は原則給与天引きで事業主がまとめて納付となる

FISCO Financial College
★日本FP協会単位認定 『FISCO Financial College』の通信教育講座はいかが?
株式や、仕組債券などの実践的な知識が身につきます。

実践的な金融・証券の知識を。フィスコの通信教育