千葉県千葉市で開業するLMC社会保険労務士事務所

LMC社会保険労務士事務所へのお問い合わせは043-307-5967まで。043-307-5967

受付:9:00~18:00(土・日・祝日を除く)

ホーム >>  教えて!益永先生 ~社員旅行と労災について~

教えて!益永先生 ~社員旅行と労災について~

山田人事部長
山田人事部長

会社の社員旅行中にケガをした場合、労災として認められますか?なお、目的は慰安旅行で参加は任意です。不参加の方への制裁などはないです。

今回の社員旅行では労災は認められないと思われます。

益永先生
益永先生
山田人事部長
山田人事部長

それは何故ですか?

病気やケガが業務上の労災として認められるためには、

①業務遂行性
    → 労働者が労働契約にもとづいて「事業主の支配下」にあること
②業務起因性
    →  業務と病気・ケガとの間に「相当因果関係」があること

の両方が認められなければならないとされています。

益永先生
益永先生
山田人事部長
山田人事部長

なるほど。旅行が業務として認められるかがポイントになってくるわけですね。

はい。今回の社員旅行は、目的も慰安ですし、参加が任意で不参加であったとしても欠勤扱いとするような制裁措置も設けていないことから、業務としての性質は少ないものと考えられるためです。

益永先生
益永先生
山田人事部長
山田人事部長

そうなんですね。ズバリ労災が認められるかどうかの判断のポイントは?

そうですね〜。下記の点がポイントになってきます。

①旅行への参加が強制されているか?
②不参加の場合に欠勤などの制裁措置があるか?
③旅費は全額事業主負担か?
④旅行について賃金も支給されているか?
⑤研修を実施するなど労務管理上の必要性があるか?
⑥会社から世話役や幹事を任命されているか?

益永先生
益永先生
山田人事部長
山田人事部長

わかりました。お酒を飲み過ぎて、ケガしないよう気をつけたいと思います。
ありがとうございました。

   

社員旅行と労災のポイント

■労災を認められる為には、①業務遂行性と②業務起因性があることが必要である

■参加が任意で、不参加による欠勤扱いもない社員旅行であれば、労災は認められない可能性が高い

■労災かどうかは、参加強制の有無・旅行期間中の賃金発生の有無・労務管理上の必要がある内容(例:研修の実施)などによって判断されることが多い

FISCO Financial College
★日本FP協会単位認定 『FISCO Financial College』の通信教育講座はいかが?
株式や、仕組債券などの実践的な知識が身につきます。

実践的な金融・証券の知識を。フィスコの通信教育