千葉県千葉市で開業するLMC社会保険労務士事務所

LMC社会保険労務士事務所へのお問い合わせは043-307-5967まで。043-307-5967

受付:9:00~18:00(土・日・祝日を除く)

ホーム >>  教えて!益永先生 ~退職後の傷病手当金について~

教えて!益永先生 ~退職後の傷病手当金について~

佐藤社長
佐藤社長

現在、休職中で傷病手当金を受給している職員から退職の申出がありました。退職後は傷病手当金はどうなりますか?

はい。要件を満たせば、支給開始日から最大で1年6か月までの範囲内で、引き続き傷病手当金の支給を受けることが可能です。

益永先生
益永先生
佐藤社長
佐藤社長

そうなんですね。それは、退職者としても助かりますね。
どういった要件なんですか?

はい。下記の要件を満たす必要があります。

①退職日までに継続して「1年以上」の被保険者期間があること
②退職時に傷病手当金の支給を受けている。または、受けられる状態にあること
③退職後も労務不能の状態が続くこと
④支給日から1年6か月の範囲内であること
⑤雇用保険の基本手当を受けていないこと

益永先生
益永先生
佐藤社長
佐藤社長

なるほど。①の1年以上は、前職と通算できるんですか?

はい。前職の資格喪失日と現職の資格取得日が同日の場合は、被保険者期間を通算できます。

益永先生
益永先生
佐藤社長
佐藤社長

わかりました。他に何か注意点などはございますか?

はい。退職日にあいさつ回りや荷物の整理等で出勤すると、傷病手当金が受けられなくなるリスクがありますので、注意が必要です。

益永先生
益永先生
佐藤社長
佐藤社長

なるほど。退職後の期間に対する傷病手当金の申請については、事業主の証明は必要ないですよね?

はい。必要ございません。

益永先生
益永先生
佐藤社長
佐藤社長

わかりました。本人にもきちんと説明してあげたいと思います。ありがとうございました。

    

    

【退職後の傷病手当金についてのポイント】

■ 一定の要件を満たせば、支給開始日から最大で1年6か月までの範囲内で、退職後も引き続き傷病手当金の支給を受けることが可能である

■退職後の事業主の証明に関しては不要である

FISCO Financial College
★日本FP協会単位認定 『FISCO Financial College』の通信教育講座はいかが?
株式や、仕組債券などの実践的な知識が身につきます。

実践的な金融・証券の知識を。フィスコの通信教育