千葉県千葉市で開業するLMC社会保険労務士事務所

LMC社会保険労務士事務所へのお問い合わせは043-307-5967まで。043-307-5967

受付:9:00~18:00(土・日・祝日を除く)

ホーム >>  教えて!益永先生 ~キャリアアップ助成金の5%UPと賞与について~

教えて!益永先生 ~キャリアアップ助成金の5%UPと賞与について~

山田人事部長
山田人事部長

キャリアアップ助成金(正社員化コース)のご案内のリーフレットで賞与に関するページが追加されたようですが、概要を教えてください。

はい。キャリアアップ助成金の正社員化コースの要件の一つに転換前6か月間の賃金より転換後6か月間の賃金を「5%以上」増額させる必要がございます。

益永先生
益永先生
山田人事部長
山田人事部長

それは理解しています。賃金の5%以上の増額は、確か賞与でも大丈夫でしたよね?

はい。原則として、賃金5%以上の増額は、基本給などでなくても賞与によってすることも可能ですが、次の要件を満たす必要があります。

①就業規則または労働協約に支給時期、および支給対象者が明記されている
 ⇒ 「○月○日に支払う。」「○月に支給する。」など最低限支給月まで規定しているものであり、単に「夏季及び冬季」「上半期及び下半期」「年2回」とだけ記載されている場合等には賃金の算定対象にはならない。

②転換等後6か月間の賃金算定期間中に賞与が支給されている
 ⇒ 当該算定期間中に賞与が1度も支給されていない場合には、支給申請時点で支給時期および金額が確定しているものを含む。

益永先生
益永先生
山田人事部長
山田人事部長

なるほど。その賞与に関して新たに何かページが追加されたわけですか?

はい。2019年7月10日に更新されたキャリアアップ助成金のご案内では、「賃金5%以上増額の際に含めることのできない賞与」として、事例が挙げられています。

益永先生
益永先生
山田人事部長
山田人事部長

どんな事例なんですか?

はい。下記の2つのケースが 挙げられています 。

①賃金5%増額の算定に含めることができない賞与の例

・賞与規定に支給対象者または支給時期が明記されていない場合
・賞与を支給することが前提となっていない場合
 例:就業規則等で「賞与は原則として支給しない。ただし、~」と規定されている場合
・名称問わず、会社の業績に応じて臨時的に支給される「決算賞与」や「寸志」の場合 等

②実態として処遇の改善が確認できないため、賃金5%増額の算定に含めることができない賞与の例

・転換前後において、賞与の規定は変更されていない※が、賞与を複数回支給する場合の額の違いや支給回数の結果として、転換後の賞与額が転換前の賞与額を上回る場合
※有期契約労働者等と正規雇用労働者に対して同一の賞与規定が適用されており、転換前後で賞与の算出基準等が変更されていない場合など

益永先生
益永先生
山田人事部長
山田人事部長

そうですか。急にリーフレットが変わっても、そういった情報は全然入ってこないので、教えて頂けると助かります。また何か情報が入りましたら教えてください。ありがとうございました。

【参考】キャリアアップ助成金のご案内はこちら   

   

キャリアアップ助成金(正社員化コース)の5%UPと賞与に関するポイント

■申請要件の一つに、転換前6か月間の賃金より転換後6か月間の賃金が5%以上増額している必要がある

■上記要件において増額とみなす金額には賞与も含まれるが、2019年7月10日に更新された情報にて、「賃金5%以上増額の際に含めることのできない賞与」の事例が明示された為、申請の際には確認することが必要である

FISCO Financial College
★日本FP協会単位認定 『FISCO Financial College』の通信教育講座はいかが?
株式や、仕組債券などの実践的な知識が身につきます。

実践的な金融・証券の知識を。フィスコの通信教育